smile smile smile〜ひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 教える仕事

<<   作成日時 : 2010/06/25 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

去年ひょんなところから、パソコン講師をすることになり、
右も左も、どうやってサポートしたらいいのかも分からず、
そのまま、メインの講師もさせてもらうようになって1年。

まだ、1年なんですが、
パソコンについても、教えることについても、
かなり勉強になってます。

何気に使っているパソコンだけれど、
「どうして?」と聞かれると案外分からないことが多かったり…
メインの先生が受講生さんに話している内容を、
耳をダンボにして(死語?)聞いて、
家に帰ってから必死に調べて、
次に聞かれた時はバッチリ答えられるようにした。

メイン講師をやっていると、受講生さんの画面が見えないので、
何処で困っているのか、
何が出来ていないのかが、
いまいちわからないことが多い。
「大丈夫ですか?」「ここまでいいですか?」と声をかけるようにしているけれど、
それでもおかしなことになっていたりする。

で、サブ講師でお手伝いに行くと、
「あ〜あ、そういうことで困っているんだ」と言うことが分かったり…

なので、私がサブの時、
結構口出しが多いです。
ひとり二人の人が迷っている時は個別対応でいいと思うのですが、
数名が同じ状態の時は、
メイン講師さんに「こんなところで困っています」とか言っちゃう。
かなり迷惑かも(-"-;A ...アセアセ

でも、私が実際にメインでやっている時、
困っているところを教えてもらえると、
そこに戻ることができていいのかな?と思う。

まぁ〜人それぞれですが…

いろんな立場で、講座にかかわって見ると、
気がつかなかったことに気がついたりする。
自分の行動も振り返ったり出来るし、
勉強になる。

今年はまだ、この先何本が講座があり、
全く初めての分野も出てくる。
100%完璧は無理でも、
それに近づくように勉強しなきゃ。

その講座で、何を覚えてほしいのか?
ちゃんとした目標をしっかり見据えて、
ぶれないようにしないとね。
で、たくさんある機能だけれど、
最低限必要なことは何か?
現状のレベルで必要なところはどこか?
個別対応がいいのか?全員に一律でお話ししたほうがいいのか?
話だけの退屈な講義にならないように、
どう進めていくか…

教育実習を受けておいて良かったと思う瞬間
(身にはなっていないけれどね)
んで、考えすぎて、前に進めないことも多々あるんだけれどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>メイン講師さんに「こんなところで困っています」とか言っちゃう。

これが大事なんですね。
メイン講師は前から全体を見ているけれど
個人の画面は見えていないので、止まっているところの把握はサブ講師のお仕事になりますね。

なので、この分担がうまくいく講座はいい講座になるとおもうのです。

サブ講師がここら辺をうまく仕切ってくれるとメイン講師はとってもやりやすい。

それにしてもWordのバージョンが違うことに対する対応でマジ悩んでしまいます。

参加者募集のときに「word2007」とうたっているので2003は無視してもいいんだけれど
おうちに帰ってできないだろーな
とおもうとつい説明しちゃう。
結果、説明のしすぎで焦点がボケてしまう。
猛烈のお悩み中だわ。
りす
2010/06/25 21:00
>りすさん
ワードだけじゃなくてOSもですね。
受講生さんはさらに混乱していると思います。
私も何処までしゃべればいいのか?悩みます。

バージョンによって、あまりにも変化がありすぎましたからね〜今回は。

mai@管理人
2010/06/25 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
教える仕事 smile smile smile〜ひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる