smile smile smile〜ひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰も教えてはくれない

<<   作成日時 : 2010/11/10 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、小学校の先生から
エータの事でと話があった。

スクールカウンセラーの先生から、
ちょっと気になるとのことだったのだ。

ちょうど小児科の予約も取った日の事だった。

小児科で、
「自己肯定感が落ちているような気がする」
「今後の言葉の教室の事」
「音声チックがあるようだ」
と話した。

学校での対応は、先生たちに頼むしかない。
本人やクラスメートに障害の事をはなしても、
無駄、あるいは逆効果になるだろう。
褒めて、やれば出来るという達成感を持たせるしかないだろうとのこと。

言葉の教室については、現段階で個人指導は意味がない。
学校の先生が言っているように、対集団の訓練が望ましい。
お母さんが納得言ってないなら、言葉の教室はやめてもいい。
学びの教室が増えたらしいよとのコト。

今年度新しく発達障害の子たちを対象にした学びの教室が札幌市に1つできた。
うちから片道1時間以上かかるところ。
なので、現状維持を4月に選択したのだ。

そのあと、増えた何て話も聞こえてこなかった。
説明会の時も、年度内で増えることはないとのことだったし。
ところが、小児科の先生から、
「僕もうる覚えだけれど、増えたらしいよ」とのこと。

誰も教えてはくれないのね。フン!

「音声チック」はそれだけでもう、問題。
薬物療法の対象になるとのこと。
取りあえず、発達検査を受けて、冬休みに見てみるとのコト。


で、学校で、スクールカウンセラーの先生と面談。
やっぱり、自己肯定感が落ちているとのこと。

色々話をしているうちに、一つ思い出した。
スイミングで毎月認定会があり、月末試験に受かると
次のステップに進める。
エータは、この数か月、ずっと受からなかったのだ。
多分、クラスメートやほかの子たちは1回か2回ですんなり進んでいたのだろう。
でも、エータはまたダメだったと毎月言っていた。
それに関して、ゆっくり頑張ればいいんだよと言っていた。

きっとエータは、「平気だ!」と言いながら、
ストレスを感じていたんだと思う。
ちょうど小児科やスクールカウンセラーの先生と話す少し前に、
数か月振りで進級できたのだった。

スクールカウンセラーの先生は、それがプレッシャーになっていたのかもしれませんねと…

まぁあれこれ気になること、これからの事、
など話して、それを学校の先生に伝えてもらうようにしておしまい。

先週そんな感じで、バタバタと過ぎ、
今日は言葉の教室の日。

学びの教室の件で訪ねてみると…
隣りの区に新しくできてるじゃないか!
何で教えてくれないんだ。
連絡先聞いてきたけれどね。
年度の途中なので、転籍できるかどうかはわからない。
また、教育委員会に行かなきゃいけないかもしれない。

でも、取りあえず、一つ前進。

どうして、弱者を助ける支援は、誰も教えてくれないのかね。
当事者はそんなことに動き回れるパワーも何もないのよ。
ものすごい勇気を振り絞って、
他の子と違う教室に言ったり、
小児科に行ったりしてるのよ。

どうして窓口が一つにならないんだろう。
何で、誰も教えてくれないんだろう。
学校も何も言ってくれない。

ものすご〜い勇気を出して、気持ち振り起して、
学校に尋ねたりしてるのに…

来年の4月までかけて、
色々準備をしていくつもりです。
スクールカウンセラーの先生がとてもいい人で、
「僕も知りませんでした」と正直に話してくれて、
色々勉強してみますとも言ってくれたし。
それだけで、親は前に進めるのにね。

で、気になっていたエータの音声チック。
動作のチックは、目をしばしばさせたり、肩をゆすったりと
かなり有名で、それの多くは放っておいても大丈夫らしい。
少し前の新聞では音声チックもそんな風に書かれていた。

大きなため息のように「はぁ=」って言ってみたり、
「うん」って言ってみたり、無意識に声が出るものが音声チックと言うらしい。
たまたま新聞の記事に描かれていて、
「あれ!もしかしたら?」と思ったのだ。

薬物療法の対象…何て言われて、そっか〜と落ち込んだけれど、
気が付いたらここ最近、聞いてない。

ちょうど、スイミングの試験に受かったあたりから…

やっぱりみんなと一緒に出来ないということが引っかかっていたのだろうか?

明後日学校に行くから、
様子見てもらおう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰も教えてはくれない smile smile smile〜ひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる