smile smile smile〜ひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 個人懇談週間

<<   作成日時 : 2010/12/07 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日から小学校の個人懇談週間。
金曜日から中学校となんと塾も個人懇談。
少し前にはエータの通う学研教室でも個人懇談があった。


で、今日、エータの番。
行くとすでに1人待っている。
1人分時間がずれているとのこと。。。
私の所でもずれるよね〜と思ったら、私の後は一人分開いていた。
でも結果その分も使いました。

今すぐどうすることが出来るわけではないけれど、
対人関係にトラブルが多発しています。
オンとオフしかないので、
何かでスイッチがオンになっちゃうと、暴れたりするらしい。
(あ〜クスリが必要なのかな)

ただ、職員室や空き教室でクールダウンできれば、
またすっとクラスに入って行けるらしい。

ところが、そうやって危険回避のために職員室に言っているのが、
クラスメートには「先生にチクリに言っている」となるらしい。

難しい。
エータには、お友達にムカついたら、教室に居なくていいから
職員室とか保健室とかに行きなさい。
と教えた。

それが出来るようになったら、先生に一言「職員室に行ってきます」と伝えるようにする。

で、次に、お友達に「今、イライラするから職員室に言ってくるね」と言えるようにする。

その間、先生たちには、他の子供たちに
「エータはイライラしたら、みんなに迷惑をかけてしまうかもしれないから
職員室に行ったよ。そんな時は静かにしてあげて」と言うようなフォローをお願いした。

これがいい方法なのかわからない。

そして、どんな時に、イライラスイッチがオンになるのか
行動観察をしてほしいとお願いした。

例えば時間・周囲の音・教科…
もしそのきっかけが判れば、そうならないように回避できるし、
これ以上と言うラインが判れば対応が取れるかもしれない。

仕舞い込んだ発達障害の本、読まないとな…
正直しんどい。
このまま子供のままならいいのに。
クスリで治るものならいのに。
目に見える障害だったらよかったのに。

先生も新卒なので、経験値ゼロ。
一方的に私が話す形の懇談。

時間延長して終わったら、

K先生がお待ちかね。

これまで障害児のサポートをしていてくれた先生が、
急な人事で教頭になっていなくなってしまった。
来年いなくなることを想定して、
4月までに何か対策をとりましょうと話をしたばかりだった…

でも、K先生は去年PTA担当の先生で、
良く私も話をしたし、
エータも慕っている先生なので、ちょっと安心。
で、引き続きその先生とも懇談。

私は2人分です…疲れた。
でも、今は先生たちが出来る対応をしてもらって、
どんな時にスイッチが入ってしまうのか行動観察をしてもらうことに。


小学校のうちはいいや、こうやって先生たちも親身になってくれるから。
でも中学に入って、あのざわついた教室で、
毎回変わる先生と、授業をこなしていけるのか、とても心配になるのです。

なので、じっくり勉強が出来るのであれば、
特別支援学級も考えているのです。
でも、エータの知的能力は、特別支援と言う範囲ではないんだよね。
そうなると受けられる支援があるのか…
4月まで模索です。

行政は何もしてくれない。
自分で探し出さないと何も支援が受けられない。
だから、ブログに書くことも嫌なこともあるし、
他の保護者に話すことも嫌になる。
でも、そうやって発信しないと何も変わらないし、
何もわからない。
だから、怖いけれど、嫌だけれど、声に出す。

全ては、この子たちが、少しでも生きやすいように…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
家の娘はも、特別支援に入れませんでした。
学びの要求に満たないと思ったのです。
学校とも、クラスのPTAの方にもよく話をして、学びのサポーターを申請。
二学期からOKとなり、結果として、クラス全体が落ち着きました。
(最近起きた、悲しい出来事を考えると)一学期から導入ができれいれば、もっと多くの子供たちを救えたかもと思っています。
家の娘への対応がクラス全体に良い方に動いたと先生から伺ったときは、皆が、そういうような細やかな対応を求めているのだよね。と思いました。

お子様もよい方向へ行くとよいですね。
FAT'N
2010/12/07 08:39
>FAT'Nさん
学びのサポーターも人手不足の上に、学校の予算もないので、難しいかもしれない。でも4月から何とかできるように、エータが困っていることは何なのか、(友達との関係なんですが)
それに対して出来るフォローは何がるのか、
学校の先生やスクールカウンセラーの先生とも話し合って、学びの教室にも出向いて、どれが一番いいのかを探していこうかと思っています。学びのサポーターも学習支援がメインだしね…うちに必要なものは対人関係の築き方なのでサポートも難しいようです。
来年度は学級数が減るので、総務のこれまで居た先生たちも減るので、その辺のフォローをかねて作戦を練って行こうと思ってます。
mai@管理人
2010/12/07 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
個人懇談週間 smile smile smile〜ひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる