smile smile smile〜ひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 今朝の新聞より〜精神科医 香山リカさんの寄稿〜

<<   作成日時 : 2011/03/16 12:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

「あなたの力が必要」その日のために」
これを読んでいるあなたは、取りあえず今は
安全な場所に居るのだろうか。
 だとしたら、どういう状況であるかにかかわらず、
まずは「私は、大丈夫」と自分に声をかけ、
安心させてあげて欲しい。
=略= 
 これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、
立ち直って行かなくてはならないのだ。
そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。
そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちんととり、
お風呂に入って体をあたためる。
「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、
そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

「あなたの力が必要」と言われるその日に備え、自分の生活と
健康を守る。それが今、私たちに出来る最大限の事なのではないだろうか。

全文はこちら
「北海道新聞 H22.3.16. 生活面より」


本来は新聞社に掲載の許可をとらないといけないのでしょうが…
今朝、道新に連絡を取り、リンク掲載の許可を頂きました。
ブログ内では引用にとどめ、
リンクをhttp://www.hokkaido-np.co.jp/cont/saigai_dekirukoto/に張って下さい。


まさに私がこの状態でした。多分。
ダンナが仙台にいて地震に巻き込まれ、
震度を聞いた時には、真っ先に阪神大震災の時の
倒壊したビルの映像を思い出し、「ダメかもしれない…」と思った。

連絡が取れるまで、子供たちの前で、泣くまいと必死にこらえていた。
連絡が取れても、脱出するまで、情報が欲しくて、
ずっと現地からのテレビを見続けた。
そのうちに原発の事故。
この先どうなるのだろうという不安で、
映像を見続けた。

本当に何もする気になれずにいた。
被災地には行ったこともあるし、大学の時の友人や、
友達もいる。
大好きなサッカーチームもある。
なのに私はここで、こうしていていいのだろうかと…

でも、今朝この記事を見て、私は今、ここにいていいんだと思えるようになった。
昔の職場や大学から、
本当に医療の手が必要になったら、
「あなたの力が必要」と言われることもあるかもしれない。

知人から、避難したいと言われるかもしれない。
物資を送ってと言われるかもしれない。

その時のために、今は、私は私で、普通に生活をすることが最善の事なんだと思う。

「私は、大丈夫」
「私は、大丈夫」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
http://chodo.posterous.com/45938410

ぜんぶの人が同じことをすることが助けになるわけではなく、その人にできることを一生懸命することが結果的に被災された方へも届くと思っています。

日本国中が下を向いちゃダメなんだよね。

イシダ
2011/03/16 19:46
私は被災地の宮城県に住んでいます。
幸いたいした被害はなく、家族も無事で、多少の不便はあるけど、暖かいご飯が食べられ、暖かい布団で眠ることができます。

この記事、更に他に転載してはいけないでしょうかね?
香山先生の寄稿、ひとりでもたくさんの人に読んでもらいたいです。
ミイ
2011/03/16 21:33
まさに、今日の私はこれでした。
繰り返し見る津波の映像、原燃の放射能、親を探すのに必死な子供・・・・自分の身に起こってしまったら・・・体験した地震は怖かったです。鬱になりかけてると自分で自覚していました。イライラしたり不安になったり。この文を読んでよかった。キッと皆も読んだら安心できると思います。
転載は駄目でしょうかね???
ヒロリン
2011/03/16 22:34
>イシダさん
みんなが同じことをしてちゃ、ダメなんですよね。
周りから出来るサポートもあると思います。

災害に備えて、携帯やパソコンなどの情報ツールの使い方もこれまた支援の一つ(?)と思ってます。
mai@管理人
2011/03/17 08:23
>ミイさん
揺れただけでも怖かったでしょう。気持ちを強く持って下さい。
遠くの私よりもきっと「あなたの力が必要」と言われる日は近いと思います。その日のために、今は普通の生活をして、健康を保っていてください。

転載の件は今新聞社に問い合わせています。
mai@管理人
2011/03/17 08:25
>ヒロリンさん
キットね、自分の身に起こったらどうするだろうと考えるのは必要な事だと思う。そしてそれに対する多少の準備も。
子供と避難場所の確認をするとか、家にいた時ならどうするとか…(うちもしました)
後は、出来るだけ普通の生活を維持すること。買いだめや買い占めをすると、被災地にではないところに物資を運ぶ回数が増え、ひいては被災地にモノを運べなくなる。そういう話しもしてあげなければならないと思います。
今、私に出来ることは、普通の生活をすることがいい事なのだと思うようになりました。

転載の件は、今新聞社に問い合わせています。
mai@管理人
2011/03/17 08:30
ありがと。救われました。
よしっ!前を向いて歩くぞ!
sora810
2011/03/24 10:05
>sora810さん
そうだ!前を向いて歩くんだ!
mai@管理人
2011/03/26 11:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
今朝の新聞より〜精神科医 香山リカさんの寄稿〜 smile smile smile〜ひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる