もうだめかと思った。

昨日は午前中、除雪をし、
そのあとエータのスキーの特訓。
上って滑ることは出来るんようになったが、
止まれない。
本人は自分で止まっていると思っている。
深雪なので、滑らないだけ…なんだけれど。
しかも右に行ったり、左に行ったり…
並んでいるお友達に追突するからぁ~

困ったのは、転んだら立てないこと。
カラダの動かし方が良くわからない自閉の子。
ただでさえ不器用なのに、
スキーやスキー靴を履いたロボット状態では無理もないか?

スキーを外せば立てる。
でもゲレンデに靴の跡、跡ならいいが、穴が開く時もある。
更に、スキー靴に雪がついて、スキーを装着するのに時間がかかる。
ゲレンデ…とても危険。

なので、起きる訓練…
が、手の力はないわ、お尻は重いわ…
30分雪の上を転がりまわり…挫折…先生フォローm(._.)m おねがいします。

昼のおにぎりを急いで食し、13時台のバスに乗り、
街中へ。
実母が心臓の検査だったのだ。
ところが道は悪いし、朝の状態で街中の除雪が追い付いてないようだったので
クルマは断念したのだ。
今までは近くの病院だったけれど、
担当医が移動になったのでね~面倒。

バス、地下鉄、タクシーを乗り継いで到着した時にはもうババいませんでした。
検査室前でうろついているジジ発見。
20分ほどで終わる。

どうやらスムーズに検査が進み、あっという間に終わったようです。
特に問題はナシ…ってか、元々が問題アリなんだけれどね。

次検査するときは夏にしてください。

そこからまたタクシーで札幌駅へ。
やっぱり道は狭いし、ガタガタだし、進まないし…
タクシーの運ちゃんもイライラしてました。

デパ地下で夕飯を買って、
地下鉄に乗り、バスに…
バスも他の路線がかなりの遅れが出たりしていたみたいです。
夕方のラッシュにも巻き込まれ、
家に帰ったのは5時半。

実は帰りのバスの中から具合が悪かった。
どっと疲れたというか…
で、頭痛もしたので、夕飯を食べてから
いつもの鎮痛剤を飲んだ。
食べた夕飯は、中華のお惣菜(エビチリやエビマヨ、蟹爪フライ…)

冷えたし、疲れたし、次女が塾の間にとお風呂に入った。

乾燥肌もある私。風呂上りにすねがかゆくて…
無駄毛処理をした後もかゆくなるので、
いつものように掻いた。
でもあまりにかゆいので薬を塗って、クリームを塗ろうと
洗面所に取りに行って、鏡を見たら、顔や首にぽつぽつと発疹。
しかもかゆい。

やばい!蕁麻疹だ!!!
2年くらい前にも全身にじんましんが出たことがある。
その時も、エビを食べていたんだけれど、それは違うと否定。
ストレスだろうとのこと。
その時は塗り薬で終わったのだ。

なのでステロイドを塗った。
で、動き回らないようにじっとしていたんだけれど、
どんどん広がって、耳の中が腫れているのがわかるほど。
もう、何をしてもかゆいのでとにかく動かないようにした。
そのうち手も、頭も、顔も全部発疹が広がった。
脈拍も上がる。息は出来るが、声が出ない。
風邪で声が出ない上に、更に出ない。
ダンナにメールすると電話をしてくる
「声が出ないと言っているのに!」
取りあえず帰る…と。

うわ~これじゃあ救急車も呼べないじゃん。
と冷静に頭で考える。
夜間救急は?街中まで行かないと無い・・・ 
1時間経過。
脈は落ち着いてきた。
声はまだ出ない。
かゆみが少し引いてくる。
ダンナが帰宅したのはそれから1時間後。
その頃には、発疹もほとんど引いた。
顔や皮膚の薄いところはまだ残っていたが…

発症から2時間で、殆ど収まったけれど、
もうだめかと思った。

お正月に蟹も食べた、エビも食べた、でもなんでもない。
鎮痛剤もいつも飲んでいるもの。

私の看護診断は、おそらく、
風邪をひいて体力が落ちている上に、
出かけたりした疲労と、
精神的ストレス(これ、かなり)
そこにエビ・蟹・・・の相乗効果で
蕁麻疹が出たと考えられる。

ウ~ン。
まだちょっと眼も腫れているし、
かゆみもあるので、
皮膚科に行って対処法を聞いて来よう。

確定診断はしていないけれど、
私シャコを食べると、下痢・嘔吐します。
完全にシャコアレルギー。と、思っています。
好きなんだけれど…
シャコもエビ・蟹の仲間。
なので、もしかするといずれ、エビ・蟹も食べられんなくなる日が来るかもしれません。
北海道に居てこれはきつい。

案外、弱いのね。私…(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック