smile smile smile〜ひとりごと〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 教えるという事を教える

<<   作成日時 : 2012/09/27 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いま、そんな立場に居ます。

ナースを続けていても、
年齢的にはとうにそんな立場になっていたのだけれど、
苦手なので…


パソコンって技術だから、ココをこうしてこうしたらこうなってハイ出来ました。
って、手順を教えたら、出来たような気になる。

でも、何故、ココをこうして、次にこうしたらこうなる。
という「何故」の部分を理解しないと、
本当にできるようになったとは言わないと思う。

多分、いま仕事を受けている団体の考えが、
その手順を教えるだけの教室をやっていたら
私は今の仕事をしていなかった。
「何故」の部分にこだわっているところだったから、
この仕事を選んだ。

よく「ネットは見れるけれど、パソコンは出来ない」という声を聴く。
ネットが出来れば充分パソコンが使えると思うのだけれど、
やっぱり「何故」がわかって無くて、こうしてこうしたらいいよ。
という手順だけを覚えてるので、応用が利かず、それ以上の事が出来ないのだろう。

更には、家のパソコンは使えるけれど、他のパソコンは使えないという声。
手順だけを覚えているからこうなるんだね。

Windowsは判るけれど、Macは判らないなら、話は分かる。
OSが違うから。

やっぱり、「何故」そうするのかが分からないから、
そういうことになるんだと思う。

だから私は時々、「家のパソコンは使えるけれど、他のパソコンは使えない」という人がいた時には、
ココで講座を受けたからにはそれは言わせません!とおどし(?)を掛ける。
でも、それが本当に使えるようになるという事だと思う。

でも、「その何故」をパソコンの「パ」の字も解らない人に教えるのは大変だ。
だから、色々調べる。
判り易い説明をしているサイトはないかな?
実生活に結びつけたらどうかな?
何を使って、どうやったらわかるかな〜と
2時間の講座を組み立てるのに6時間以上は費やす。

そうやっているうちに、全く分からなかったパソコンの事が
ちょっとわかるようになってきて、それが自信と余裕になっている。

講師陣で顔を合わせることはあまりないけれど、
時々、「これ以上聞かれたらわからない」という言葉を聞くことがある。

パソコンは奥が深い。無限大だと思う。だからわからないことがあっても当然だと思うけれど、
であった「わからないコト」はどこかで「何となくわかった」でもいいから
解らないとダメだと思う。

講師という看板で人前でしゃべるには一つでも多くのわからないを
減らさないとダメだと思って、仕事をしている。
人に教える責任ってそういう事だと思う。

でも、それは伝わらないんだよな〜
「何故」を説明してほしいのに、手順だけ説明される。


そんなことを考えながら、今日も午後からお仕事です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご苦労様です。
ブログを読んでいろいろ思うところあります。
が、"大事なことですよね。それをわかってほしいですね"でも、これ以上は書きません。

いつか、お役に立てる機会があればよいな、と、思います。

FAT'N
2012/09/27 17:16
>FAT'Nさん
ありがとうございます。
「わかって欲しい」と思えば思うほど、力が入り、堂々巡りに、いや悪い方に傾いていきます。私も方法を替えないとダメですね。
ただ、「何故」を教える事には今後もこだわって行こうと思います。
mai@管理人
2012/09/28 08:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
教えるという事を教える smile smile smile〜ひとりごと〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる